新世代分離式VR一体機 · 開発者バージョン

2560x1440、さらに進化した画質

Pico Neo DKSはスクリーン識別率が2560x1440に向上し、ピクセル密度は一世代前と比べ26%向上しました。全RGB配列のピクセルは、アップした識別率の上でVR画面の網戸効果を抑えることが出来ます。文字と図形の端はさらにはっきりと表示され、ピクセル配列が引き起こすグラフィックの凸凹とラティスを顕著に弱めさせます。

Pentileと共用半ピクセルの配列方式と違い、RGBスクリーンは、赤、緑、青の三つの色によりピクセルポイントが使われています。同じ物理識別率では、RGBスクリーンの有効ピクセル数は、Pentileスクリーンと比べ、50%高くなりました。文字と物の端においてはさらにはっきりし、凸凹やグリッドが出現しにくくなりました。RGBスクリーンを使用しているNeo DKS VR一体機は、表示効果が一世代前の製品とは飛躍的に向上しました。

RGB
Pentile

画面動作がより速くなっても残像の悩みはありません

一般的なLCDと違い、Neo DKS VR一体機はバックライトストロボパルス表示技術を採用しています。ミリ秒単位の高速点滅やバックライトが消えたり、目の視覚残留効果を利用し、グラフィックの残像を消します。一新された駆動技術の高速LTPSスクリーンは、ピクセルの色の変化は2-5ミリ秒のみで行われ、OLEDとほぼ同じ速度になってます。

70Hz高リフレッシュ率、さらに低遅延表示

Pico Neo DKSの遅延が少ないスクリーンはバーチャルリアリティのために特注され、スクリーンリフレッシュ時間は11ミリ秒になりました。頭部を動かす時、VR中の画面はさらに滑らかにスライドできてます。動作がさらに速くなっても、ディレイを感知するのができます。

設計上の多くの違いを熟知する

Neo DKSは一世代前の素晴らしい分離式VR概念を継承し、さらに多くの細かい設計上で改善と革新を加えました。通気性のよいマスクとスポンジが貼られ、はっきりとしたスクリーンと光学設計で、さらに曇りにくくなったレンズと豊富なVRソースが更新されるようになりました。

Pico UI 2.0

8ヶ月の研究を通じ、一体機専用のVRインタラクティブ画面Pico UIは、Neo DKS中に装備され、1.0版基礎上で、Pico UI 2.0の操作画面において、インタラクティブ方式、グラフィック効果、システム性能等の方面において、全面的に改良、向上させ、さらに多くの新しい機能をサポートさせました。

パソコンでNeo DKSとトラキングキットを使用する

Neo DKSのHMDは、以前と同じようにPC VRゴーグルを使用できます。現在はさらにTracking Kit追跡キットを搭載しています。精確で安定にGPSすることができるようになったり、多くのゲームとアプリケーションをサポートすることができます。

Picoトラキングキットの詳細について  >

ブラウザのバージョンは低いので、Picoのサービスを体験することができないです。IE9や、もっと高いバージョンのブラウザをインストールして、もう一度お試してください。確認 >